1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫プロぺシアは安全性の高い薬?それとも危険?

プロぺシアは安全性の高い薬?それとも危険?

抜け毛が増加してきた時にはAGAの症状を疑っていみる必要があります。特に、20代や30代の若い年齢で急に抜け毛が増えているのだとしたら、体内のジヒドロテストステロンが引きおこしている男性型脱毛症(AGA)である可能性が高いです。


なお、もし自分がAGAが原因の薄毛がどうかが不安な方は、まずは抜け落ちた毛がどんな状態かをチェックしてみてください。もし、細くて短い毛がほとんどでしたら、AGAの可能性が高いです。


AGAになった時には短期間で薄毛になる事がありますが、対策をする事によって脱毛を食い止めたり、症状を改善させる事も可能ですので、薄毛が気になる際には対策を始めてみると良いでしょう。


なお、AGAになったからと言って何もあきらめる必要ありません。最近は薄毛の治療方法が確立されてきたおかげで、父親や祖父が禿げている遺伝の薄毛で悩んでいる方でも、正しい治療を行えば症状が回復する可能性が高いですからね。


そして、その治療方法の中でも多くの方が利用しているのが、フィナステリドという成分を配合したプロぺシアという内服薬です。また、プロペシアにはエフペシアやフィンペシアのような安価で購入できるジェネリック医薬品もありますので、そちらを使用している方もいます。

プロペシア
ですが、それらを使う上で副作用を心配される方もいらっしゃるはずです。では、プロペシアは安全性の高い薬なのか?それとも副作用の危険な薬なのかどちらなのでしょう?


プロペシアは使う人によっては、たしかに副作用がある薬です。具体的に臨床試験で確認されている症状で言うと、勃起機能不全(ED)、射精障害、精液減少などが該当します。


ただし、それが発祥した確率はわずかに2.9%でした(毎日1mgフィナステリドを1年間服用した場合)。そのため、薬の中では安全性の高い部類に入ると言えます。


それに症状を感じた人も自覚症状あり、薬の服用をやめればその症状が改善したケースがほとんどです。そのため、それほど使用に不安を感じることは無いでしょう。そもそも、医薬品である以上は風邪薬にだって副作用の可能性はありますからね。


因みにどういった対策が必要になるのかという事ですが、特に重要なのがプロペシアの活用です。AGAに対して高い効果が認められた治療薬になりますが、病院でAGA治療を受ける際にも処方されるお薬になります。


ですが、副作用の可能性は決して0ではありませんので、いくら安全といってもEDや射精障害は怖いという方は、AGA専門医に相談をしながら使用をすることをお勧めします。


当サイト内でもプロぺシアの処方をしてくれる宮城・仙台にあるおすすめのAGAクリニックを紹介していますので、よろしければそちらも一度チェックしてみてください。

【最新版】仙台のAGAクリニックランキング

仙台AGAクリニックランキング
仙台にあるAGAクリニックを当サイト独自で評価してランキング!どこで薄毛治療を受けるか悩んでいる方は、ご覧になってみてください。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.