1. ホーム
  2. 治療方法
  3. プロペシア
  4. ≫プロペシアは使い続けると耐性ができて効果がなくなる?

プロペシアは使い続けると耐性ができて効果がなくなる?

一口に薄毛と言っても原因は様々ですが、薄毛になる原因の中でも多くの方に関連があるのがAGA(男性型脱毛症)です。


特に男性は場合はAGAによって薄毛になる可能性が高く、男性が薄毛の場合は殆どがAGAと言われています。その為、薄毛が目立つようになってきた時にはAGAを疑う必要がありますが、もしAGAが原因の場合はきちんと対策を行う必要があります。


対策を行う事によって症状を改善させる事も可能ですが、AGA対策の際には治療薬の利用が基本であり、まず最初に取り組むべき治療と言えるでしょう。それで効果が無かった場合や、すぐに大きな効果を得たい場合に『自毛植毛』を取り入れるのが一般的です。


なお、自毛植毛の各手法(FUT法やFUE法)の解説や、気になる副作用については次のサイトの解説が分かりやすいので、そちらをご覧になってみてください。
自毛植毛クリニックの評価まとめ


そして、治療薬として有名で人気のあるものにプロペシアという製品があります。こちらは飲み薬になりますが、AGAの改善に対して、臨床試験でも効果を認められたものです。

プロペシア
どういった作用をするのかと言いますと、薬含まれているフィナステリドには、脱毛物質を抑える働きがあります。


脱毛の原因となる男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)は、ヘアサイクルを乱して抜け毛を増加させるように働きます。しかし、フィナステリドはDHT生成の原因となる5αリアクターゼの働きを抑制しますので、抜け毛が起こりにくい状態になるわけです。


ただ、そのように効果が高い薬であれば、ずっと利用していると耐性によって効果が無くなってしまうのではないか気になるものです。


しかしながら、継続して利用する事によって効き目が薄くなるという事は臨床試験では確認されていません。むしろ、2年、3年と継続して利用する事によって高い効果が出てきますので、続けることが重要な薬です。


そして、これはプロペシアだけでなく、そのジェネリックのエフペシアやフィンペシアにもあてはまる内容です。


ちなみに、プロぺシアは利用を止めてしまうと効果が無くなってしまいますので注意が必要です。その為、もし発毛させる事ができた時には治療薬の服用を止めず、継続して飲み続ける事が大切といえます。


また、プロぺシアは髪を生やす薬ではありませんので、できれば発毛剤のミノキシジルも併用し、相乗効果によってAGA対策をした方が良いです。

【最新版】仙台のAGAクリニックランキング

仙台AGAクリニックランキング
仙台にあるAGAクリニックを当サイト独自で評価してランキング!どこで薄毛治療を受けるか悩んでいる方は、ご覧になってみてください。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.