1. ホーム
  2. 治療方法
  3. 自毛植毛
  4. ≫切る自毛植毛FUT法とはどんな手術方法なの?

切る自毛植毛FUT法とはどんな手術方法なの?

世の中には薄毛症状に悩まされている人が数多く存在します。こうした人たちの中にはできるだけ簡単に症状を改善させようと、日々育毛剤を使用したりして地道なケアを続けている場合も多いものです。


しかしながらそうしたやり方では効果に限度があります。その点、現代の医療技術はこうした薄毛解消のためにも大きな進歩を遂げており、中でも自毛植毛と呼ばれる最新の治療方法は高い人気を誇っています。そして、その自毛植毛の手術方式がFUT法と呼ばれる手法です。


FUT法とはこれまで一般的だった自毛を使った植毛技術を、更に進歩させたものとなります。まず、通常人間の髪は1本のみで生えているわけではなく、2本や3本といった単位で生えているのが普通です。

手術
植毛するにあたってこうしたまとまりとなった株をそのまま用いて、毛包単位にて植毛して頭皮に定着させさせようとするのがこの手法の特徴です。


そのためには頭髪のみならず皮脂腺などという最小単位をもきちんと含めた上で採取し、頭部へと埋め込まなければなりません。それはまさに植毛というよりも移植と呼びに相応しい施術と言えるでしょう。


そしてこの施術は実態顕微鏡を用いた上で細部まできちんと配慮しながら慎重に進められていきますので、採取する際にも、そして頭皮に定着させる際にもとても綺麗かつ繊細に仕上げることが可能となります。


一方以前の主に用いられていた自毛植毛の方式FUE法では、パンチ式植毛と呼ばれるやり方で頭皮に小さな穴を生じさせる形で毛髪を採取していました。


しかし、この方法では採取する髪をパンチの穴で傷つけてしまい、貴重なドナー(移植する毛)を無駄にするケースが多かったのも事実です。そのデメリットを解消をするために開発されたのが、FUT法と呼ばれる自毛植毛の方式となるわけです。


なお、現代では高額な電子顕微鏡を用いて、株を選り分けていく手法が一般化されるようになっています。この際、正確に採取場所を設定して誤差が生じないように、密度をきちんと計算した上で採取していくことが大切です。


そこで、採取する際に生じた切り込み傷は場所によっては目立ってしまうことがありますので、どこから採取するのかを事前にきちんと医師からの説明を受けて、そのメリットでメリットを説明してもらうことが重要です。


自毛植毛手術後に後悔することの無いように、手術前に疑問に感じたことは担当の医師に徹底的に質問するようにしましょう。そして、全ての疑問を解消して納得をした上で手術を受けることが大切ですからね。


なお、自毛植毛は最先端の薄毛治療技術のため、取り組んでいる病院はまだ少ないのが現状です。ただ、宮城県仙台市にある湘南美容外科クリニックは、自毛植毛治療を取り扱っていますので、興味のある方は一度無料カウンセリングを受けてみるこをおすすめします。

【最新版】仙台のAGAクリニックランキング

仙台AGAクリニックランキング
仙台にあるAGAクリニックを当サイト独自で評価してランキング!どこで薄毛治療を受けるか悩んでいる方は、ご覧になってみてください。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.