1. ホーム
  2. 治療方法
  3. 自毛植毛
  4. ≫自毛植毛の副作用のショックロスとはどんな症状なの?

自毛植毛の副作用のショックロスとはどんな症状なの?

最近は病院でAGAの治療を受ける人が男女問わずに増えてきていますが、薄毛治療と一言にいってもその種類は様々です。ミノキシジルやフィナステリドを使った投薬治療、頭皮へ直接に発毛を成分を注射する育毛メソセラピーがその代表でしょう。


そして、最近になり注目が高まっている治療方法に、自毛植毛があります。

医者
これは後頭部や側頭部の男性ホルモンDHTの影響を受けにくい部分の髪の一部を切り取り、それを株分けして、薄くなった部分の頭頂部や生え際にに植毛していく方法です。


人工毛とは違い、髪が育つのを待つ必要がありますが、そのかわり定着したら、その髪はずっと伸び続けてくれます。もちろん、生えてくる髪は正真正銘の自分の髪ですので、仕上がりも自然で、人工毛のようなメンテナンスも必要ありません。


また、カツラや増毛のように付けているときの後ろめたさが無いため、精神的なストレスも軽減されるというのも大きなメリットです。


ここまでお伝えすると、自毛植毛はメリットだらけの素晴らしいAGA治療方法に感じていますが、実はデメリットもあります。それは、治療に起こる副作用です。


その副作用がショックロスという症状となり、これは植毛した周囲の髪が抜けてしまう現象です。


この症状がどうして起るのかについては、まだはっきりしない部分もありますが、麻酔や施術の影響で脱毛が起りやすくなったり、頭皮の環境が変化することでこうした症状が起る場合もあるとされています。


さらに過密に植毛した場合も栄養が行き渡らなくなることもあり、抜け毛の原因になる場合もあります。


なお、植毛した部分の一度抜ける現象は、ほぼ誰にも起こり、きちんと生着していればほとんどのケースで再び生えてきますので、心配はいらないとされていますが、周囲の髪が抜けることで不安に感じる人が多いようです。


とはいえ、こうした脱毛も一時的なもので、抜けた髪もまた生えてくるとされています。


ただし、この症状は誰にでも起るというわけではなく、植毛治療をしても起らない場合もありますし、抜け毛の量も個人差があります。そのために、不安に感じる人が多いようです。


今回紹介したように、自毛植毛の治療を行う前はメリットばかりではなく、リスクや副作用についても、治療を受ける病院の医師からしっかりと説明を受けておきましょう。


もし、そのような副作用について、こちらが質問をしてもきちんと解説してくれない場合には、信用することできないお医者さんと判断できますので、別の病院で治療をお願いした方が良いでしょう。


医療機関によってはこうした副作用を抑えるために様々な工夫が行われていますので、それぞれの医療機関ではどのような対策が行われているかもよく確認しておくことが大切です。


ちなみに、宮城県仙台市で自毛植毛が可能なクリニックとしては、湘南美容外科クリニックとニドークリニックがあります。それぞれの詳しい評判や口コミについては、当サイトで紹介していますので、そちらもご覧になってみてください。

【最新版】仙台のAGAクリニックランキング

仙台AGAクリニックランキング
仙台にあるAGAクリニックを当サイト独自で評価してランキング!どこで薄毛治療を受けるか悩んでいる方は、ご覧になってみてください。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.